アクションアイテム集の4つのパターンについて

一言キャッチフレーズで、人気店へのシナリオをクリエイトする

オンリーワン戦略企業の

トリコロールプロモーション

代表の野上法男です。

From 横浜みなとみらい

本日は、
ご案内中の、飲食店向けアクションアイテム集についての記事を投稿します。

この度作成したアイテム集は、

とにかく、今日の売上を上乗せしたい飲食店向けの、

アクションアイテムです。

アクションを実践すれば、必ず成果につながります。

そんな武器を12個厳選して、お届けしています。

 

アイテム集は大きく4パターンに分かれています。

①新規顧客獲得

②リピート顧客化

③顧客単価

④商品購入率

の4パターンです。

それぞれのパターンに3つの具体的アクションアイテムがあり、

合計12個のアイテムを紹介しています。

内容はクイズ形式になっています。

回答と解説で、その理由と背景を説明していますので、

より深く理解でき、応用が利くようになっています。

参考までに、アイテム集から一問、抜粋し紹介します。

 


クイズ ①の「新規顧客向けのプレゼントの価値を上げる」ためのアクションとして、どれが効果的でしょうか?

A. 自分が日常的に気に入って使っている石鹸をプレゼントする。

B.  乾杯用のドリンクを無料にする。さらに乾杯用のおつまみとして、「8時間かけてコクと旨みを出した当店自慢の牛筋の煮込み」をプレゼンする

C.  店セレレクトの焼酎のボトル1本またはハウスワイン(赤or白)ボトル1本をプレゼンとする。

 

「それでは理由も含め考えてみてください」

 

▼回答と解説

答え:Bです。

Bは、居酒屋なので、必ずオーダーする乾杯ドリンクは、

お客様にとっては価値があります。

そしてさらに価値を高めるために、一番人気の牛筋の煮込みもプレゼントしています。

新規のお客様は、

お店にどんなメニューがあるかまだ知らない状態です。そ

んな不安を持っていますが、

心理的に「一番人気は牛筋の煮込みなんだな」と思うことで、

不安を軽くする効果があります。

また、

まずは一杯飲みたいお客様に乾杯ドリンクを選んでもらい、

さらにその際におつまみも選らんでもらうとなると、2つ選択しなければなりません。

でも、初めは決まったおつまみが出るのであれば、

入店直後の選択はドリンクの一つなので、

脳にストレスがかかりません。

その状態を入店前に作っておくことができ、

結果、初めて行くお店への不安がかなり減ります。

新規顧客むけのプレゼンなので、この場合Bが正解となります。

価値を高めるという意味では、一番人気メニューを無料でもらえるのですから、満足度は上がる=価値が高まるということです。

 

Cも一定の効果がありますが、

新規顧客つまりまだ来店したことの無いお客様にとっては、

ボトルは通い続けなければいけない、

ワインは自分で選びたいなどの理由で、

この場合は、マイナス面を持っています。

新規顧客にとっては、

「なんか何度も行かないといけなくなる」とか、

「結果高くつくのでは」と最初の段階で思わせてしまい、

不安を取り除くどころか場合によっては不安を増長させてしまうので、来店につながりにくいです。

※逆に、リピート顧客には有効となります。

 

Aは、

居酒屋に来るお客様へのプレゼントとしては、

価値が高いとは言えません。

無意味とまでは言いませんが、

石鹸とかってすでに個人個人の好みが決まっているので、

他人の好みの石鹸をプレゼントと言われても、

そんなに嬉しくないものです。

居酒屋の新規顧客という意味では、

価値を高めるとまではいっていません。

 

参考に挙げた、クイズいかがですか?

お役に立てると幸いです。