TRICO のすべての投稿

ワンフレーズキャッチの実用例

人気店プロデュースカンパニー

代表の野上です。

いよいよ、年の瀬を感じる季節となりましたね。

本当に1年て早いなと思う時期です。

昨日、8歳の息子が、「1年て早いね!」なんて言い出しました。

8年生きている子供の1年と、
40年以上生きている僕の1年は、全然違うはずなのに・・・

さて、今日は前回触れた、海鮮居酒屋さんの、ワンフレーズキャッチの実用例を紹介します。

名前を出さない条件で、許可をいただきましたが、
将来的には成功例として、店名や店主のお顔もオープンにしていただけるかもしれません。(お願いします!)←心の声ww

 

ではでは、早速ですが海鮮居酒屋さんのワンフレーズキャッチを紹介しますね!

 

まずは、作成したワンフレーズキャッチを紹介しちゃいます!

「新鮮な海の幸を囲んで、和気あいあい空間を提供します!
お仕事帰りのゆるーい時間コーディネーター ○○」※○○は店名です。

 

では、解説します。

まずターゲットは、会社帰りのサラリーマン

そのサラリーマンの着目した願望は、

①単純に酔いたい

②わいわい騒げる楽しい時間を過ごしたい

③上司や先輩、同僚とより一層仲良くなりたい

④飲みに行くキッカケが欲しい

です。

とくに、④のキッカケは、常に会社帰りのサラリーマンが慢性的に(笑)抱いている願望です。

その願望をかなえる=問題を解決することができる居酒屋であるというポジショニングです。

あえて、「新鮮な料理を出すこと」ではなく、
「和気あいあいでゆるーい時間」を演出するコーディネーターとの立ち位置です。

これにより、他店の海鮮居酒屋や普通の居酒屋との比較ではなく、キッカケをつくり楽しく飲食できる空間提供者としての立ち位置になります。

このワンフレーズキャッチを使ったチラシの最後には、

PS, 上司の笑顔を想像しているあなたは、すでに同志です!

と記しています。

つまり、部下が上司を誘い、さらに同僚がそれに乗っかるという構図です。

かなりターゲットを限定していますが、

実際に、電話で予約してくるのは部下です。

 

かなり、シンプルに説明していますが、

こんな感じでワンフレーズキャッチを使って集客をします。

 

実際には、チラシにはしっかりとダイレクトレスポンスマーケティングの要素や、脳科学などを駆使したものにしています。

とても効果の高いチラシになっています。

そのチラシを活用するためにも、ワンフレーズキャッチが必要不可欠になるのです。

 

あなたもワンフレーズキャッチが欲しいと思いませんか?

ワンフレーズキャッチの有効な使い方

ブログを少し、さぼっているうちに、

いつの間にか秋も深まり、冬が近づいてきているのを感じる今日この頃です。

夕方5時を過ぎると、あたりは暗くなり、家路に帰る街の人たちも

どこか急ぎ足のようにも見えます。

 

こんにちは。

人気店プロデュースカンパニーの代表の野上です。

前回は、確か「ワンフレーズキャッチの土台がUSPになっている」との話をしました。

今日は、USPが土台になっているワンフレーズキャッチの使い方について投稿したいと思います。

おさらいですが、

USPとは、問題解決に紐づいた「独自の売り」で、ポジニングを変えることができるができます。

ポジショニングを変えることで、ライバルと比較されなくなるメリットがあります。

現在進行中の飲食店向けのプロモーションでいうと、

飲食店=ご飯を食べるところ

ですが、問題解決に紐づいた「独自の売り」を前面に出した場合どうなるでしょうか?

新鮮な海鮮料理が売りの昼はランチ、夜は居酒屋のお店で考えてみると。

普通にキャッチコピーを作ってしまうと、

「とれたて新鮮!海鮮料理と地酒の最強コンビを楽しめる、海鮮居酒屋  トリコ食堂!」

きっとこんな感じでしょうか。

でも、お客様の問題解決に紐づけると、だいぶ変わってきます。

まず、お客様の問題を特定します。

その際には、お客様をターゲティングします。

居酒屋で、海鮮を食べながら地酒っていうと、

やはり、サラリーマンでしょうか。

そこでサラリーマンをターゲットとして、居酒屋にくるサラリーマンがどんな問題を持っているかを洗い出しします。

・単に酒が飲みたい

・会社や上司への不満を愚痴りながら同僚と騒ぎたい

・生活習慣病がきになり、魚料理を食べて健康になりたい

・おいしい海鮮料理を食べてSNSにアップしたい

・会社の気になる女性をおいしい海鮮を理由にして誘いたい

などなどです。

ここで、問題についての定義も必要ですかね。

ターゲットの抱える問題を定義しています。

不満、不安、悩み、痛み、解決したい問題、満たしたい願望

の6つあると定義します。

そして、飲食店にとってターゲット層への問題解決は、

「満たしたい願望」がフィットすることが多いです。

つまり、

単にお客様は、おなかがすいたから飲食店に行くのではなく、

何かしらの「満たしたい願望」があってそれを解決させるためにいくことがほとんどです。

少し長くなってしまったので、本題に戻しますね。

問題解決に紐づいたUSPが土台になっているワンフレーズキャッチの有効な使い方について、まとめます。

お客様の問題を解決する方法を明確にフレーズ化したワンフレーズキャッチを、

「ライバル店とは土俵を変えて、ポジショニングすることが、有効な使い方」

となります。

次回は、先ほど触れた、海鮮居酒屋で、ワンフレーズ化し、ポジショニングを変える例を紹介したいと思います。

 

 

PS、

近日中に、ワンフレーズキャッチを使った集客にかんするプロモーションをリリースする予定です。

興味がある方は、今後にご期待ください!

 

 

ワンフレーズキャッチの土台になっているもの

From タリーズ

人気店プロデュースカンパニー

代表の野上法男です。

プロ野球もいよいよファイナルシリーズに突入しましたね。

巨人の勢いには注目していましたが、さすがカープ!

自力と貫禄を感じますね。

一方パリーグは、ソフトバンクが初戦を取り、1勝で並びました。

こちらも目の離せない展開になり期待大です!

 

さてさて、

現在リリース中のワンフレーズキャッチ作成プロモーションについてその土台になっているモノについて、今日は投稿しようと思います。

結論から言うと、
ワンフレーズキャッチの土台はUSPです。

カーモンベービーアメリカ!

ってそれはUSA!

今日はUSPの話です。

ひとりで勝手にボケてしまいごめんなさい。

USPときいて、スグに思い浮かべるのは、

きっと、

「自身の強み」とか「自分だけが持っている得意分野」

などでしょうか?

確かに、その通りです。

USPとはUnique Selling Propositionの略で、

Google先生に聞くと「独自の売り」「独自の強み」なんて出てきます。

「独自の売り」「独自の強み」ってビジネス上で展開するためには、もう少し砕いていかないと使えません。

例えば、石鹸メーカーのUSPを「独自の売り」で考えると、
泡立ちが良いとか汚れ落ちが良いなどを強みとして売ろうとすると、結局、独自の売りにも関わらず、ライバルメーカーとの比較になってしまします。

きっとライバルメーカーに比べ、何パーセント泡立ちが良いとかを強みにしてそれをアピールポイントにしてしまってます。

でも、潤いや、保湿力を「独自の売り」にした場合どーでしょうか?

まず、汚れを落とすこれまでの石鹸市場から、保湿などの美容市場になります。

石鹸を売る際に、石鹸市場で勝負するのではなく、美容市場にポジションを変えたとしたら・・・。

以前、

石鹸の利用者は、汚れは落ちるけど、使用後のカサカサ感に不快感を持っていました。
その問題解決として、汚れを落とすだけではなく、保湿を前面に出した時、ライバルの石鹸メーカーとは比較されなくなりました。

つまり、USP=「独自の売り」を問題解決にフォーカスし、ポジションを変えることで、ライバルがいなくなり、本当の意味で「独自の売り」となるのです。

もうおわかりかもしれませんが、これは、かつてDoveが使った戦略で、とてもヒットしました。

それでは、最初に答えを出した、
ワンフレーズキャッチの土台=USPとは、

もう少し捕捉すると、問題解決に紐づいた、「独自の売り」となります。

ポジションごと独自化し、問題解決として強みを出したものを、ワンフレーズ化したものが、ワンフレーズキャッチとなります。

次回は、そのワンフレーズキャッチの有効な使い方について投稿しようと思います。

今日は、このくらいで勘弁してください(笑)

PS,
お昼時のタリーズは、食事にくる人も多く、僕のように、コーヒーだけを飲んでパソコンいじってると、居づらいです(汗)
なので、退散しますっ!

 

 

 

 

ワンフレーズキャッチ作成のために必要なこと

From オフィス

人気店プロデュースカンパニー

代表 野上法男です。

今日も雨ですね。

最近は特に、

季節の変わり目を実感できているようです。

僕の頭の中は、同様に変化、変化で混乱気味です(笑)

さてさて、前回はワンフレーズキャッチについてブログをかきました。そして最後の方ではワンフレーズキャッチの作成には重要な要素があると言って終わりました。

なので、今日はその続きと言うことで、ワンフレーズキャッチの作成に関することを書きたいと思います。

結論から言うと、ワンフレーズキャッチ作成には必ず決まった4つのStepがあるということです。

逆に言うと、この4つのStepを順に進めていくと、ワンフレーズキャッチが出来上がる言うことです。

その4つのStepについて、知りたい方はいますか?

と言って別のブログに誘導するつもりはありません(笑)

興味があればこのまま読み進めてくださいね。

まず4つ紹介しちゃいます。

Step1:理想のお客様を決める

Step2:理想のお客様の問題を洗い出す

Step3:問題と解決後のBefore / After 像を書きだす

Step4:問題解決を約束した形でフレーズ化する

以上の4つです。

これによりターゲットが絞られ、

ターゲットの問題が浮き彫りになり、

その問題解決方法が明確になり、

解決方法に対し、

その解決をお約束する形でフレーズ化できます。

それぞれのStepでコツやテクニックが必要になってきますが、

それについては企業秘密ということで・・・

あっ、これからローンチするワンフレーズキャッチ&チラシ作成サービスのご契約者には、Stepとそれぞれのコツやテクニックを公開しちゃいます!

乞うご期待ください!

追伸、
外科医はつねにメスを握っていないと(オペをしていないと)、腕が鈍ると言いますが、このワンフレーズキャッチ作成も常に作成していないと鈍ってきますね。

単に感想ですが・・・

自分で作るより、いつも作っているプロにお任せするのがベターだと思ってます。

 

 

ワンフレーズキャッチとは

From 横浜みなとみらい

こんにちは。

人気店プロデュースカンパニー

代表の野上法男です。

今日は気分転換も兼ねて、横浜で仕事中。

横浜は港町で世界の玄関みたいで、あたらしいプロモーションをローンチする前には最適な場所だと感じてます。

その新しいプロモーションの内容がほぼ決まりました。

それは「ワンフレーズキャッチ&チラシ作成プロモーション」です!

そこで今日は、ワンフレーズキャッチについてお話ししたいと思います。

僕は企業での営業経験が約20年あります。

担当した製品やサービスもいくつもあります。

その中で、

本当に好きな製品やサービスはどのくらいあったか?

 

残念ながら100%ではありません。

でも、たぶん、90%くらいは本当に、個人的にも好きな製品だったなぁとの思いにふけってます。

さらに、好きな製品・サービスに特長的なのは、

一言でその特徴を表現できるということでした。

しかも特徴と言っても機能的ことではなく、お客様にとってメリットのあることを表現したものであったり、お客様の課題に対する解決方法を簡潔にアピールできるものでした。

つまり、営業トークが一言で言える製品・サービスは売れるということです。

これらを踏まえ、店舗にも一言で表現できるフレーズがあれば、お客様に訴求できるということだと考えています。

そこで、この一言で表現することをお手伝いし、それをお店の営業マンのひとりであるチラシ(笑)に営業トークしてもらおうというサービスを「ワンフレーズキャッチ&チラシ作成プロモーション」としてローンチすることにしました。

 

でも、大事なのは、そのワンフレーズの作成方法です。

これにはとても重要で必要不可欠な要素があります。

次回の代表ブログでその部分に触れたいと思います。

 

追伸

大好きな横浜は今日は雨でした。

 

 

トリコ Season 4始動

こんにちは。

人気店プロデュースカンパニー代表
カラフル集客プロモーターの野上法男です。

弊社もいよいよ4期目を迎えます。

多くの店舗オーナーさんとの出会いやその店舗のお客様のおかげだとあらためて実感している今日この頃です。

さてさて、

4期目、Season 4にあたりネーミングを新しくしました。

まだ、暫定ですが(笑)

ジャジャーン♪

それは、「カラフル集客プロモーター」

人気店には欠かせない、「ワンフレーズキャッチ」を作成してきたこの3年間。

ワンフレーズキャッチの持つ力ってすごいなって思います。

ワンフレーズキャッチを作成することに軸足を置いてきた3年間から、そのワンフレーズキャッチを使って、様々な集客プロモーションを実行することに軸足を移動させたいという思いから名づけました。

作成したワンフレーズキャッチは、1つか2つですが、

それを使った集客プロモーションは様々実行できるということを、カラフルという言葉に持たせてみました。

最初はレインボーとかも候補に

七色の変化球で様々なニーズに対応したプロモーションをとの思いからです。

でも、変化球はたくさんあれば良いというものではないのです。

軸となる直球と、効果の高い変化球があれば十分なのです。

強いて言えば、その2つ(直球と効果の高い変化球)をより有効にさせる見せ球みたいな変化球があればベターですね。

つまり、3つあればOKなんです。

それを表現するワードとして「レインボー」ではなく「カラフル」にしてみました。

3つなら社名にあるトリコロールでいいのでは?

自問自答しています。

 

カラフル集客プロモーター
野上法男