「USP」カテゴリーアーカイブ

USPクリエイト 理想のお客様の決め方

店舗USPを創って一瞬で選ばれる人気店をプロデュース!

オンリーワン戦略のトリコロールプロモーション株式会社

代表の野上法男です。

 

今日は、USPクリエイトの1st Stepの理想のお客様を決めるについて、その決め方について紹介したいと思います。

インターネットマーケティングにおいて、

「ペルソナ」ってあると思います。

よく耳にするのではないでしょうか?

つまり、顧客像をつくりセールスやマーケティングを実施するって方法です。

かなりざくっとした説明ですが・・・

一般的には、自店の顧客層を見て、その中から一番の優良顧客を選んだりします。

もちろん、正しい方法です。

ただ、僕は、次の方法をオススメしています。

理想なので、現実ではなくても良いという発想から、

本当に自分がお客様にしたい、好きなお客様を

自分勝手に決めるってことです。

「こんなお客様ばかりならいいのになぁ」

というお客様を自分で選んじゃうんです。

感覚的、生理的に好きなお客様で良いんです。

 

理由は、

そうですね、

やはり、リアルな世界からだと限界もあるってことです。

今現在、

集客の悩みもなく、とにかくビジネスがうまく行っているのであれば、

それこそ、前者の現実から選ぶのもありでしょう。

でも、

「他とは違ったアプローチでより一層ビジネスを成功させたい」

とか、

「一発逆転のヒットを打ちたい」

のであれば、やはりオススメは、後者の、

好きなお客様像を理想のお客様として設定してしまうのです。

 

現実からUSPをつくると、

結局、ライバル達とあまり変わらない発想になってしまうからです。

 

あなたのお店の、あなたの理想とするお客様はどんなお客様ですか?

そして、

このように決めたお客様をより具体的に、明記していきます。

男性?女性?

年齢は?

職業は?

家族構成は?

好きなファッションは?

好きな音楽は?

好きなテレビ番組は?

好きな雑誌は?

出身は?

このように、理想のお客様の人となりを、

箇条書きにしていきます。

すると、

あなたにとっての、

たったひとりの理想のお客様がより具体的に決まります。

具体的に決まると、次に何をするかです。

そうですそれが、2nd Stepです。

2nd Stepは、

「たった一人の理想のお客様の問題を抽出する」

です。

2nd Stepの問題の抽出方法については、

次回、解説していきます。

 

 

 

USP作成の7Step編 1Step目

TRICO

店舗USPを創って一瞬で選ばれる人気店をプロデュース!

オンリーワン戦略のトリコロールプロモーション株式会社

代表の野上法男です。

今日は、USP作成についての記事を投稿しますね。

まず、おさらいです。

集客に必要且つ重要な要素になるのがUSPです。

これまで、USPとは、「お客様への究極のお約束」と定義してきました。

つまり、一般的に言われるような、

USP=「自身の強み」

とか、

USP=「独自のウリ」

ではなく、

お客様の問題を解決することを第一に考え、

それをUSP化する事

つまり、

お客様への究極の約束する事です。

復習がてら、ドミノピザの例を再度挙げて紹介しますね。

ドミノピザのUSPは、

「30分以内に熱々のピザをお届けします。お届けできなければ、お代は頂ません」

です。

背景には、アメリカには主食のひとつであるピザ屋がたくさんありました。

その中には、デリバリーサービスをするピザ屋もいくつもありました。

そこで、ドミノピザが考えたのが、

「30分以内に熱々のピザをお届けし、それを約束化する」ことでした。

アメリカ人は、スポーツ観戦が好きで、

ホームパーティがてら、友人が集まり、

フットボールやバスケットボール、ベースボールを観戦します。

そんな時、ピザのデリバリーサービスを利用するのです。

もし、あなたがこんなシチュエーションでピザ屋を選び、電話をする係になったとしたら・・・

いくつかのパンフレットを見比べると思います。

そして、「どのお店もだいたい同じ」だと気付きます。

いつものピザ屋か、一度利用したことのあるピザ屋に適当に選ぶでしょう。

TVのスポーツ観戦なので、

録画したりはもちろんしません。

リアルタイムです。

そう、つまり、他の家庭でも同じような状況にあります。

スポーツ観戦しながらピザのデリバリーサービスを利用するのです。

すると、

お届けは60分後ですと言われたり、

下手すると90分後ですと・・・(試合終わっちゃうじゃん)

 

そこに、

「30分以内に熱々のピザをお届けします。届けられなければお代はいただきません」

というピザ屋があったとしたら。

 

あなたなら、そんな約束をしてくれるピザ屋を選びませんか?

仮に値段が他店よりも多少高くても、

頼みますよね。

 

つまり、USPを持つことで、

お客様から一瞬で選ばれるのです。

 

復習が長くなりましたが、USPの作り方について、

紹介します!

 

USP作成には7つのStepあります。

今日はその第一Stepです。

よろしいですか?

何事も最初が肝心なんて言いますが、

USP作成において最初が肝心です。

なので、最後まで、是非、読み進めてくださいね。

 

Step1=「理想のお客様を決める」

です。

あなたのとって、またはあなたのお店にとって、

理想的なお客様はどのようなお客様ですか?

理想で良いのです。

あなたの好みで結構です。

今すでにいらっしゃるお客様の中から選んでもOKです。

「こんなお客様がきてくれたらいいな」

と思うお客様を決めてください。

これが、USP作成の第一歩です。

USPを持てば、お客様から一瞬で選ばれるようになります。

他店にはないお約束をするのですから、

他店と比較されることもありません。

そんな、あなたのお店の運命を左右するようなUSP。

その第一歩目は、

「理想のお客様を決める」ことです。

では、どうやって決めるのか?

決めて何をするのか??

詳細については、明日以降にしたいと思います!

乞うご期待ください!

 

追伸、

7Stepまで紹介したら、

PDFレポートで配布しようかと計画しています。

計画が固まりましたらまた、こちらのブログで案内しますので、

楽しみにしていてください!

 

USPを創る上で重要な事

TRICO

店舗USPを創って一瞬で選ばれる人気店をプロデュース!

オンリーワン戦略のトリコロールプロモーション株式会社

代表の野上法男です。

 

先般、大阪出張の際に、鶴橋の焼肉店に行きました。

店先には有名人のサインが書いてある色紙がいっぱい!

まさに人気店という感じでした。

肉は美味しく、キムチやナムルといったサイドメニューも、

箸が進むほど美味しかったです。

 

さてさてこのような人気店になれば、集客も楽になりますよね。

 

その人気店をめざし、まずやるべきことは、これまでお話した、USPを持つことです。

参考)
オンリーワン戦略とは

オンリーワン戦略 USP編

 

そして、

USPを持つ上で、重要な事があります。

 

それはお客様目線になることです。

 

一般的にはUSPは、「独自の売り」「自身の強み」と言われていることを紹介してきました。

でも、トリコロールプロモーションでは、

USPとは=「お客様との究極のお約束」と定義してきました。

ちなみにこの定義は、
日本一のUSPクリエーターの星渉さんから教えてもらったことです。

つまり、日本一のクオリティーであるUSPについての定義です。

 

USPを「お客様との究極のお約束」と定義したことで、

USPを創る際に、「重要な点がお客様目線である」ことも、理解しやすくなるのではないでしょうか?

 

実際にトリコロールプロモーションのクライアントのUSPを創る際にも、

お客様に視点を当てることから始めます。

 

では、具体的にどんなアクションをすればいいのでしょうか?

まず最初に何をすればいいのでしょうか??

 

次回から、USP創りの7Step+1essenceについて紹介していきたいと思います。

 

追伸、最新のUSPクリエーション事例について、Topページで紹介しています。

ご興味があればご参照ください。

 

オンリーワン戦略 USP編

TRICO

一言キャッチフレーズで一瞬で選ばれる人気店をプロデュース!

オンリーワン戦略のトリコロールプロモーション株式会社

代表の野上法男です。

 

昨日は、

オンリーワン戦略のベースとなるのがUSPである。

USPとは=「お客様への究極のお約束」である。

との話を紹介しました。

 

そして今日は、USPをより理解していただけるよう、例を挙げてお話していきます。

 

有名なUSPの代表例は、

ドミノピザのUSPです。

「あつあつのピザを30分以内にお届けします。お届けできなければお代はいただきません」

お客様へ約束をしており、その約束は同時に、何をしてくれるかが明確になっています。

つまり、「一瞬で選ばれる」ということです。

逆に考えると、「一瞬で選ばれる」ためには、何をするかを明確にした、「お客様への究極のお約束」が必要になります。

あなたのお店には、「お客様への究極のお約束」がありますか?

そしてそれを明確に伝えていますか?

つまり、

あなたのお店にはUSPがありますか?

 

トリコロールプロモーション株式会社は、

このUSPをつくるお手伝いをベースに、人気店をプロデュースしています。

では、USPを創る上で、真っ先に考えなければならないことがあります。

また、明日以降、紹介していきます。

「独自の売り」、「自身の強み」と捉えているうちは、本当のUSP=お客様に一瞬で選ばれるUSPを手に入れることはできません。

あなた自身の本当のUSPを手に入れたいと思いませんか?

 

 

 

オンリーワン戦略とは

TRICO

一言キャッチフレーズで一瞬で選ばれる人気店をプロデュース!

オンリーワン戦略のトリコロールプロモーション株式会社

代表の野上法男です。

 

あっと言う間に春が過ぎ、なんだかもう夏がやってきたようですね。

もちろんこれは毎年の事。

例年、梅雨入り前は暑くなり、梅雨入りとともに、

少し肌寒い日があったり、ジメジメする日が続いたりしますよね。

気候の変化が激しい、今日この頃、僕自身は風邪をひいていしまい、喉がいたく、夜には咳が出て少しつらい日々を送っています。

皆さんは、風邪などひいてませんか?

 

さてさて、今日は弊社のテーマでもある、オンリーワン戦略についてお話していきたいと思います。

ここで言うオンリーワン戦略とは、

他店には無い「独自の売り」を前面に出し、

お客様から選ばれるお店になるための戦略の事です。

「独自の売り」=いわゆる「USP」のことです。

ではでは、「独自の売り=USP」とは何か・・・。

そこにオンリーワン戦略をとるヒントが隠されています。

一般的にはUSPの事を「独自のウリ」とか「自身の強み」などと意味づけされています。

また、マーケティング用語でもあり、様々解説本なども出ています。

でも、店舗経営者にとっては、マーケティングの勉強よりも現場で実績を上げることが優先だと思いますので、現場で実績が出るための考え方を紹介したいと思います。

 

実際僕自身もUSPクリエーターとして有名な星渉(ほしわたる)先生に教わったことでもあります。

結論から言うと、

USPとは「お客様への究極のお約束」となります。

明日は、USPの代表例を挙げて、USP=「お客様への究極のお約束」について、紹介していきます。

USPを持つことが、一瞬で選ばれるお店になり、そして人気店へつながる第一歩だとしたら、興味ありませんか?