ワンフレーズキャッチ作成のために必要なこと

From オフィス

人気店プロデュースカンパニー

代表 野上法男です。

今日も雨ですね。

最近は特に、

季節の変わり目を実感できているようです。

僕の頭の中は、同様に変化、変化で混乱気味です(笑)

さてさて、前回はワンフレーズキャッチについてブログをかきました。そして最後の方ではワンフレーズキャッチの作成には重要な要素があると言って終わりました。

なので、今日はその続きと言うことで、ワンフレーズキャッチの作成に関することを書きたいと思います。

結論から言うと、ワンフレーズキャッチ作成には必ず決まった4つのStepがあるということです。

逆に言うと、この4つのStepを順に進めていくと、ワンフレーズキャッチが出来上がる言うことです。

その4つのStepについて、知りたい方はいますか?

と言って別のブログに誘導するつもりはありません(笑)

興味があればこのまま読み進めてくださいね。

まず4つ紹介しちゃいます。

Step1:理想のお客様を決める

Step2:理想のお客様の問題を洗い出す

Step3:問題と解決後のBefore / After 像を書きだす

Step4:問題解決を約束した形でフレーズ化する

以上の4つです。

これによりターゲットが絞られ、

ターゲットの問題が浮き彫りになり、

その問題解決方法が明確になり、

解決方法に対し、

その解決をお約束する形でフレーズ化できます。

それぞれのStepでコツやテクニックが必要になってきますが、

それについては企業秘密ということで・・・

あっ、これからローンチするワンフレーズキャッチ&チラシ作成サービスのご契約者には、Stepとそれぞれのコツやテクニックを公開しちゃいます!

乞うご期待ください!

追伸、
外科医はつねにメスを握っていないと(オペをしていないと)、腕が鈍ると言いますが、このワンフレーズキャッチ作成も常に作成していないと鈍ってきますね。

単に感想ですが・・・

自分で作るより、いつも作っているプロにお任せするのがベターだと思ってます。