USPクリエイト 理想のお客様の決め方

店舗USPを創って一瞬で選ばれる人気店をプロデュース!

オンリーワン戦略のトリコロールプロモーション株式会社

代表の野上法男です。

 

今日は、USPクリエイトの1st Stepの理想のお客様を決めるについて、その決め方について紹介したいと思います。

インターネットマーケティングにおいて、

「ペルソナ」ってあると思います。

よく耳にするのではないでしょうか?

つまり、顧客像をつくりセールスやマーケティングを実施するって方法です。

かなりざくっとした説明ですが・・・

一般的には、自店の顧客層を見て、その中から一番の優良顧客を選んだりします。

もちろん、正しい方法です。

ただ、僕は、次の方法をオススメしています。

理想なので、現実ではなくても良いという発想から、

本当に自分がお客様にしたい、好きなお客様を

自分勝手に決めるってことです。

「こんなお客様ばかりならいいのになぁ」

というお客様を自分で選んじゃうんです。

感覚的、生理的に好きなお客様で良いんです。

 

理由は、

そうですね、

やはり、リアルな世界からだと限界もあるってことです。

今現在、

集客の悩みもなく、とにかくビジネスがうまく行っているのであれば、

それこそ、前者の現実から選ぶのもありでしょう。

でも、

「他とは違ったアプローチでより一層ビジネスを成功させたい」

とか、

「一発逆転のヒットを打ちたい」

のであれば、やはりオススメは、後者の、

好きなお客様像を理想のお客様として設定してしまうのです。

 

現実からUSPをつくると、

結局、ライバル達とあまり変わらない発想になってしまうからです。

 

あなたのお店の、あなたの理想とするお客様はどんなお客様ですか?

そして、

このように決めたお客様をより具体的に、明記していきます。

男性?女性?

年齢は?

職業は?

家族構成は?

好きなファッションは?

好きな音楽は?

好きなテレビ番組は?

好きな雑誌は?

出身は?

このように、理想のお客様の人となりを、

箇条書きにしていきます。

すると、

あなたにとっての、

たったひとりの理想のお客様がより具体的に決まります。

具体的に決まると、次に何をするかです。

そうですそれが、2nd Stepです。

2nd Stepは、

「たった一人の理想のお客様の問題を抽出する」

です。

2nd Stepの問題の抽出方法については、

次回、解説していきます。